バレンタイン 自分用高級チョコ おすすめ3選

日記

私は毎年バレンタインの時期、自分用のチョコに1万円費やして色んなブランドの高級チョコを食べ比べるのを密かに楽しんでいます。

 

なぜチョコにお金を費やすようになったかというと、2月は私にとってストレスのかかる月だったからかもしれません笑。

 

高校3年⇨大学受験
学部1年⇨4週間工場実習
学部2年⇨3週間弱自動車学校
学部3年⇨5週間インターン
学部4年⇨研究発表

 

その衝動でご褒美チョコという名目で好きなブランドのチョコを買い漁っていました。

海外や東京にしか店舗がない有名ショコラティエのチョコレートが、バレンタイン期間は全国のデパートで購入できるので毎年会場は身動きが取れないくらい大盛況です。

 

今年2021年、デパートのチョコレートの祭典は
高島屋では、1/15~2/14の期間で「アムール・デュ・ショコラ」、
三越伊勢丹では、1/21~1/25、1/28~2/3の2部構成で「サロン・デュ・ショコラ」を開催します。 ※エムアイカード会員は1/20(水)と1/27(水)も入場可能。1/26(火)は休み。

 

今年はコロナ禍なので、入場整理券を配るそうです。

 

ふらっと立ち寄れないのが少し面倒な方は、オンラインストアでの購入がおすすめです。

 

数多くある高級チョコで、私のおすすめのブランドを3つ紹介します。

 

何を買おうか迷ったときに、参考にしてみてください。

 

 

1. PIERRE HERME PARIS(ピエール・エルメ・パリ)

 

 

ヴォーグ誌で“パティスリー界のピカソ”と称賛される、世界的に有名なピエールエルメ

 

FAUCHON(フォション)のシェフ・パティシエになった後、LADUREE(ラデュレ)の副社長を経てPIERRE HERME PARIS(ピエール・エルメ・パリ)を創業。

 

PIERRE HERME PARISの第1号店はなんと東京・紀尾井町にあるホテルニューオータニらしいです。

 

PIERRE HERME PARISではマカロンが有名で、バレンタインにも人気です。

 

彼の作るプラリネには、マカロンを埋め込んだものがあります。

 

↑ピエール・エルメの代表作である「イスパハン

 

 

現在セブンイレブンのスイーツとコラボもしていて、お手頃価格でピエール・エルメの味が楽しめます。

 

 

見つけた際はぜひ試してみてください。

 

個人的には、コンビニスイーツ史上最高の味です。

 

 

 

2. LE CHOCOLAT ALAIN DUCASSE(ル・ショコラ・アラン・デュカス)

 

 

 

アラン・デュカスは史上最年少で3つ星を獲得したシェフです。

 

レストランの他に展開しているのが、自身のチョコレートブランド「LE CHOCOLAT ALAIN DUCASSE」です。

 

パリ本店の工房で、カカオ豆の粉砕からボンボン・ショコラができるまで全ての工程を手がけるというこだわりを持っています。

 

昨年の夏、旅行で行ったパリのオランジェリー美術館近くの通りを適当に歩いていた時にたまたまLE CHOCOLAT ALAIN DUCASSEの支店を見つけて入ると、日本人女性のスタッフが働いていました。

 

その方の出身地が名古屋だそうで少し縁を感じたこともあり、ここのチョコレートに興味を持ちました。

 

↑昨年高島屋で買ったもの

 

紙袋やパッケージがシンプルで高級感があります。

 

紙袋はしっかりした作りになっていて、私は物入れとして活用しています笑。

↑インテリアっぽく飾れます

 

 

 

3. Toshi Yoroizuka(トシ・ヨロイヅカ)

 

 

 

日本で最も有名なパティシエである鎧塚俊彦のショコラは、南米エクアドルにある「Toshi Yoroizuka Cacao Farm」で豆から育てたオリジナルショコラや、世界から集めたショコラや素材で作られています。

 

斬新で新しい味ですが、受け入れやすく親しみのある不思議な味のチョコでした。

 

 

↑昨年買ったもの
写真がこれしかありませんでした…

 

 

2021年の新作ボンボンショコラには、北海道産昆布「羅臼」を使用したものもあります。

 

今年のチョコも試したことのない組み合わせですが、きっと美味しいと思います。

 

 

 

最後に

 

スーパーに売っているお得な板チョコも十分美味しいですが、高級チョコはカカオ豆からこだわって、生クリームやスパイスの配合に研究を重ねて一粒一粒丁寧に作り出しているので味も特別感も違います。

 

チョコレートの口溶けをよくするには微妙な温度調整が必要になるので、たとえ材料が手元にあったとしても高い技術力がなければ美味しいチョコレートを作ることは不可能です。

 

自分では到底作れないからこそ、高級チョコは買う価値があると思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました